自己破産したらどうなる?

*

自己破産したらどうなる?借金返済で真剣に悩む方へ

借金返済で苦しい、もう返済できない・・・その時に最初に考えるのが自己破産ではないでしょうか。

弁護士や司法書士事務所に相談する債務者の多くが、自己破産について考えているといいます。

自己破産を裁判所に申請して、その後に免責が認められると、借金が免除されます

その分、一定以上の価値がある財産は手放すことになりますが…借金200万、300万、500万と積み重なり、多重債務となって借金返済できない場合は自己破産が現実的ですね。

借金整理の方法として、他にも任意整理や個人再生、特定調停がありますが、自己破産は借金問題を解決する最終手段となります。

他の整理方法でも再建が難しい場合に、最後の手段として自己破産を検討すると良いでしょう。

ただし、その判断を自分で行うのは難しいと言えます。

借金返済が出来ない状態…消費者金融やカード会社、銀行から催促を受けている状況では、正常な判断は厳しいでしょう。

私も債務整理を体験していますが、借金返済で24時間悩み続けていると、それ以外のことが全く考えられないんですよね。

目先のお金で頭が一杯になって闇金にまで手を出したり、友人知人にお金の無心をして当座をしのいだり・・・債務整理の手段にまで頭が回らないのです。

その時は弁護士や認定司法書士のような債務整理の専門家に相談を行って下さい。

自己破産しか方法が無い場合でも、自己破産の手続き費用、弁護士(司法書士)費用、メリット、デメリットなどを教えてもらえます。

自己破産すると戸籍に載るのでは? 選挙権が無くなるのでは?

と考えている方もいますが、そのようなことはありません。

自己破産のデメリットは少ない?

詳細に関しては当サイト内でお話しますが、自己破産しても戸籍には載りませんし、選挙権が無くなることもありません。

免責後は自由に旅行にも行けるようです。

また、自己破産の事実を自分から言わない限り、まず周囲にバレることは無いでしょう。

家族の協力は大切ですが、友人に自己破産の事実がバレたり、会社にバレることは少ないと思います(友人や会社から借金があったり、連帯保証人になってもらっている場合は別です)

官報には載りますが、毎回チェックしている人間は少ないですし、自己破産してもデメリットは少ないと言えますね。

今は無料相談を受けている法律事務所も多いですし、費用の分割払いに対応している事務所もあります。

手続きに関しては、財産が少ない場合の同時廃止、債権者に分配する財産がある管財事件に分かれます。

どちらにしても自分で手続きを行うのは現実的ではありませんので、当サイトでご紹介する弁護士、司法書士へ無料相談を行ってみて下さい。

尚、免責不許可事由として、パチンコや競馬のようなギャンブル、浪費などが原因の借金がありますが、その場合も裁量免責を受けられることがありますので、やはり法律事務所へ相談すると良いでしょう。

当サイトから良く利用されている街角法律相談所

当サイトから良く利用されているのは、24時間対応、全国対応の街角法律相談所です。

「自己破産のメリット、デメリットを知りたい」

「破産以外の解決法(任意整理など)があるなら知りたい」

「まずは気軽に借金無料診断を受けたい」

「匿名、ニックネームで気軽に無料相談したい」

「借金を何とかしたい、減らしたい」

「過払い金があるなら知りたい」

そのようなあなたにオススメの相談先ですよ。

詳細は以下の公式サイトで確認して下さい。

街角法律相談所 無料診断はコチラ!


専業主婦の過払い金返還

過払い金返還請求 主婦の体験談

(公開: 2017年03月27日)

私の知人の主婦が過払金返還に成功しました。 彼女は旦那に内緒で借金を重ねていたんですよね。 自分のクレジットカードだけでなく、夫のカードも使ってキャッシングして…

借金苦しみからの解放

借金返済の苦しみを解決する方法

(公開: 2017年03月19日)

私(執筆者)は長年借金に苦しんでいました。 借金で借金を返す生活だったので、全く元本が減らなかったんですよね。 一旦借金漬けに陥ると、なかなか抜け出せません。 …

銀行カードローンのリボ払いを整理

銀行カードローン リボ払い 借金整理

(公開: 2017年03月13日)

銀行カードローン(消費者ローン)の利用者が増えていますね。 銀行は総量規制の対象外ですから、『借入額は年収の3分の1まで』という規制がありません。 その辺りがク…