自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 借金減らしたい > 借金減額(債務整理)にかかる弁護士費用

借金減額(債務整理)にかかる弁護士費用


借金減額(債務整理) 弁護士費用

借金減額をするための方法、債務整理をするには費用がかかります。

借金問題を解決するためにも債務整理したいけれど・・・弁護士費用っていくらかかる?弁護士費用の相場は?払えない場合どうする?

色々な疑問が出てくると思います。

・任意整理
・個人再生
・自己破産

今回は、それぞれの債務整理で必要となる弁護士費用の相場についてみていきます。

任意整理の弁護士費用 相場

任意整理の弁護士費用の相場を最初に見ていきましょう。

任意整理をする際の弁護士費用の内訳です。

任意整理をする際の弁護士費用の内訳

  • 着手金
  • 減額報酬
  • 報酬金
  • 過払い報酬
  • その他実費、日当など費用

となります。

任意整理の着手金 相場:1社あたり3万円~4万円

着手金とは、弁護士に債務整理の手続きを正式に依頼したときに支払うお金となります。

任意整理を行う業者1社あたり、相場として3万円~4万円とする弁護士事務所が多いです。

着手金0円(着手金無料)の事務所もありますが、その分、減額報酬や報酬金を高めに設定していたりしますのでトータルの弁護士費用はそこまで差が出ない場合が多いです。

いつのタイミングで費用が発生するかの考え方次第、ともいえます。

任意整理の減額報酬 相場:10%

減額報酬とは、任意整理で実際に減額出来た金額に応じて発生する費用です。歩合とも言って良いでしょう。

任意整理の場合には減額報酬は上限が10%と定められています。

任意整理の場合には、利息カットして支払わなくてよくなった金額の10%が費用相場となります。

任意整理の報酬金 相場:2万円

任意整理が成功した時に発生する報酬金です。
1社あたりで報酬金が発生します。

任意整理の場合には1社あたり2万円以下と定められています。
5社の任意整理が成功すれば、報酬金は10万円発生ということになります。

商工ローンの場合には、1社あたり5万円以下と定められています。

過払い報酬 相場:20%~25%

過払い金があった場合、取り戻せた過払い金額に対して発生する報酬です

過払い金の調査は無料、とよくテレビCMでやっていましたね。

その他実費、日当など費用

弁護士が債権者と交渉するためにかかる交通費、通信費、コピー代などが実費となります。

実費は後から請求されることになりますので、あらかじめ、どれくらいの金額になりそうか確認されることをお勧めします。

最終的な費用合計で判断することが重要

任意整理は最も利用する方が多い債務整理の手続きです。

そのためなのか、弁護士事務所によって各種費用の設定はかなり差があります。

着手金無料であっても、減額報酬や報酬金を高く設定しているケースもあります。

着手金が安いから選ぶのではなく、トータルの費用を計算してみることが重要です。

任意整理が上手くいき、さらに弁護士費用も相場よりも安いと経済的な負担が少なくて済みますよね。

任意整理に必要な弁護士費用は、弁護士事務所のホームページで公開されていますので調べて比較されると良いでしょう。

個人再生の弁護士費用 相場 40万円~60万円

個人再生をする際の弁護士費用の内訳です。

トータルの費用としては、40万円~60万円に収まる弁護士事務所が多いでしょう。

個人再生をする際の弁護士費用の内訳

  • 着手金
  • 報酬金
  • 裁判所への申立費用、予納金等

となります。

大きく借金減額ができる可能性が個人再生ですが、大きな特徴としては、

「住宅ローン特則」

が使えることです。

住宅ローン特則はマイホームを手放したくない、といった時に利用出来る制度ですがこの制度を利用した場合には、弁護士費用が5万円~10万円高くなる場合があります。

個人再生の着手金 相場:30万円

個人再生を弁護士に依頼したときに発生する費用です。

相場として30万円ほどに設定している弁護士事務所が多いです。

個人再生の報酬金 相場:10万円~20万円

個人再生が成功したとき(裁判所から個人再生が認められたとき)に発生する費用です。

住宅ローン特則を利用する場合、報酬金が高くなることが多いです。

個人再生の裁判所への申立費用、予納金等

個人再生の申立をするには、裁判所への申立費用などが必要となります。

地方裁判所によって必要となる費用は異なりますが、相場として3万円ほどかかることが多いです。

個人再生委員への報酬

個人再生を行う場合には、裁判所からの任命によって個人再生が専任されることもあります。

弁護士に個人再生を依頼している場合には、担当している弁護士が専任されることになり、個人再生委員の費用も安くなります。

個人再生委員の費用

  • 代理弁護士あり 15万円程度
  • 代理弁護士なし 25万円程度

個人再生委員が専任されない場合には、費用は発生しません。

個人再生委員の費用も含めて考えると、弁護士に個人再生を依頼した方がトータルでかかる費用を減額することができるといえます。

自己破産の弁護士費用 相場 40万円~60万円

自己破産をする際の弁護士費用の内訳です。

トータルの費用としては、40万円~60万円に収まる弁護士事務所が多いでしょう。

自己破産をする際の弁護士費用の内訳

  • 着手金
  • 報酬金
  • 裁判所への申立費用、予納金等

となります。

自己破産の着手金 相場:20万円~30万円

自己破産を弁護士に依頼したときに発生する費用です。

相場として20万円~30万円で設定している弁護士事務所が多いです。

着手金無料の場合、報酬金が高く設定されているケースが多いです。

自己破産の報酬金 相場:10万円~20万円

自己破産が裁判所に認められた際に発生する報酬金(成功報酬)です。

こちらも0円、5万円といった相場よりも安い設定をしている事務所もありますが着手金が高く設定されていることが多いです。

結局は、自己破産の費用においてもトータルでかかる費用が重要となります。

また、自己破産の場合には財産の状況によって手続きが異なってきます。

  • 同時廃止
  • 管財事件
  • 少額管財

どの手続きになるかは裁判所が判断しますが、事前に弁護士に相談することで見通しを立てることが出来ます。

弁護士費用が高い!払えないのでは・・・という不安

ご覧の通り、借金減額するための債務整理の手続きは決して安いとはいえません。

生活費も削る生活、弁護士費用を払うのが難しい・・・といった不安をお持ちになるのも分かります。

しかし、借金が大幅に減額できる個人再生、借金をチャラにできる自己破産。
こうした債務整理を行って返済が楽になると考えれば、将来のためににかかる費用としては返済するよりも安いといえます。

弁護士費用に関しては、分割払いができるところも多いです。

着手金も高額に見えますが、分割払いに応じている事務所が多いですよ。

自己破産の手続きを開始すれば借金の返済もストップしますから、今まで返済に充てていたお金を、着手金の分割払いに充てることができます。

債務整理をする方の多くが経済的に困っていることは、弁護士事務所もしっかりと理解しています。

そのため、弁護士費用の支払に関しては出来る限り支払やすいように考慮してくれる弁護士事務所が多いので安心してください。

素直に現状を相談されるのが一番です。

むしろ、現状の経済状況も含めて素直に話してくれない相談人に対しては、弁護士も信頼関係を築きにくく、その後の債務整理の手続きが上手くいかない可能性もあります。

まずは相談してみることが一番といえるでしょう。

⇒ おすすめ借金減額診断シミュレーター

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


借金減額(債務整理)にかかる弁護士費用関連ページ

借金減額 債務整理できるための条件
借金減額したい、債務整理するための条件 借金減額をするために債務整理の手続きをすることを考えたい。 債務整理を […]
借金減額チェッカー 仕組み・デメリット、使って大丈夫?
借金減額チェッカー 借金減額チェッカーで、あなたの借金がどれくらい減額できるか、どういった債務整理の方法が適し […]
おすすめ借金減額診断シミュレーター
借金減額診断シミュレーター Contents1 借金減額診断シミュレーターであなたに合った借金減額法が分かりま […]
無料の借金減額診断 おすすめ
自己破産や債務整理を考える前に、まずは無料の借金減額診断がおすすめです。 あなたの借金状況にもよりますが、長年 […]
無料の借金減額診断ってどう?
無料 借金減額診断 Contents1 借金減額の方法を知りたい2 東京ミネルヴァ法律事務所の減額診断3 あな […]
「借金の返済額が減らない」を解決するには?
「借金の返済額が減らない、返しても返しても減らない…」とお悩みでしょうか? その場合、返済後すぐに借入れを繰り […]
任意整理による賢い借金返済方法
借金整理の方法に以下がありますね。 ・自己破産 ・個人再生 ・任意整理 上記の中で、任意整理が最も検討しやすい […]
借金を減らしたい時の債務整理って?
借金を返せないわけではないけれど、 「もう少し減らせないだろうか…」 「早く完済できないだろうか…」 そう考え […]