自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 借金解決 > 借金解決のコツは自己破産? 任意整理?

借金解決のコツは自己破産? 任意整理?


借金まみれから脱出する

「借金解決のコツを知りたい」と思っていますか?

当ブログのメインテーマは自己破産ですが、『何がなんでも自己破産すれば良い』というわけではありません。

自己破産を申請して借金が帳消しになるには、免責を受けなければなりません。

そして免責を受けるには条件があるんですよね。

破産法252条で以下のように定められています。

1.債権者を害する目的で、破産財団に属し、又は属すべき財産の隠匿、損壊、債権者に不利益な処分その他の破産財団の価値を不当に減少させる行為をしたこと。

2.破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。

3.特定の債権者に対する債務について、当該債権者に特別の利益を与える目的又は他の債権者を害する目的で、担保の供与又は債務の消滅に関する行為であって、債務者の義務に属せず、又はその方法若しくは時期が債務者の義務に属しないものをしたこと。

4.浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

5.破産手続開始の申立てがあった日の一年前の日から破産手続開始の決定があった日までの間に、破産手続開始の原因となる事実があることを知りながら、当該事実がないと信じさせるため、詐術を用いて信用取引により財産を取得したこと。

6.業務及び財産の状況に関する帳簿、書類その他の物件を隠滅し、偽造し、又は変造したこと。

7.虚偽の債権者名簿(第二百四十八条第五項の規定により債権者名簿とみなされる債権者一覧表を含む。次条第一項第六号において同じ。)を提出したこと。

8.破産手続において裁判所が行う調査において、説明を拒み、又は虚偽の説明をしたこと。

9.不正の手段により、破産管財人、保全管理人、破産管財人代理又は保全管理人代理の職務を妨害したこと。

10.次のイからハまでに掲げる事由のいずれかがある場合において、それぞれイからハまでに定める日から七年以内に免責許可の申立てがあったこと。
イ 免責許可の決定が確定したこと 当該免責許可の決定の確定の日
ロ 民事再生法 (平成十一年法律第二百二十五号)第二百三十九条第一項 に規定する給与所得者等再生における再生計画が遂行されたこと 当該再生計画認可の決定の確定の日
ハ 民事再生法第二百三十五条第一項 (同法第二百四十四条において準用する場合を含む。)に規定する免責の決定が確定したこと 当該免責の決定に係る再生計画認可の決定の確定の日

11.第四十条第一項第一号、第四十一条又は第二百五十条第二項に規定する義務その他この法律に定める義務に違反したこと。

浪費や賭博による借金はどうなる?

色々な規定がありますが、特に該当しやすいのは、

『浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと』

ではないでしょうか。

要するに、競馬やパチンコのようなギャンブル(賭博)、アクセサリーやブランド物の衝動買いなどの浪費に関しては、原則的に免責が認められません。

免責を受けられなければ、借金帳消しになりませんので、ただの破産者として生きることになります

それでは自己破産を申請する意味がないですよね…。

ただし賭博や浪費でも、著しく財産を減少させていなかったり、過大な債務を負担していなければ、免責が認められる可能性があります。

実際は大多数のケースで裁量免責(裁判所の判断による免責)が行われているようです。

その辺りは、自己破産、借金問題に強い弁護士に相談して下さい。

今は以下のような無料の借金診断シミュレーターがありますから、気軽に利用してみてはどうでしょうか?

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

自己破産を利用する条件と任意整理

免責不許可事由に該当していなくても『借金返済を続けられる』と判断されれば自己破産は利用できません。

破産するには、客観的に返済を続けられない状態が条件になるんですよね。

また、個人間の借金や、会社からの借金も全て対象になりますから、あらかじめ理解を得る必要があるでしょう。

連帯保証人にも迷惑が掛かりますから、自己破産の前に話し合う必要がありますね。

それでも借金返済できず、限界まで追い込まれていれば、自己破産以外に選択肢がないかもしれません

そのような判断はやはり、弁護士や司法書士のような専門家に任せると良いですが、破産以外の選択肢に任意整理がありますよ。

任意整理を利用しても、自己破産のように全ての借金がなくなるわけではありません。

基本的に利息と遅延損害金をカットした後の元本を『36ヵ月~60ヵ月の分割払い』で返済する方法ですからね。

任意整理で元本が減っています

私は任意整理の体験者ですが、いつも限界額マックスまで借入れていたので、全く元本が減らない状況でした。

しかし任意整理後は、みるみる元本が減っていきましたよ。

完済が近付いていますし、無理のない範囲で返済を続けられました

任意整理には免責不許可事由もなければ、利用する際の厳しい条件もありません。

個人間や会社からの借金を対象から外したり、保証人付きの借入れを外せるでしょう。

あくまでも私的な交渉ですから、借金解決に強い弁護士、司法書士でなければ失敗することもあります。

それでも任意整理のメリットは大きいと思って下さい。

他に個人再生という手続きもありますが、実績豊富な弁護士、司法書士なら、あなたに合ったベストな方法を教えてくれますよ。

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


借金解決のコツは自己破産? 任意整理?関連ページ

借金80万は自己破産? それとも任意整理?
借金80万円で自己破産できるのでしょうか? 結論からお伝えすると、自己破産できる可能性はあります。 実際に借金 […]
「もう借金払えない」を解決する債務整理
「もう借金が払えない、これ以上は限界…」と悩んでいるあなたへ。 借金が返せない状況って辛いですよね。 次の返済 […]
借金返済の苦しみを解決する方法
私(執筆者)は長年借金に苦しんでいました。 借金で借金を返す生活だったので、全く元本が減らなかったんですよね。 […]
多重債務の解決法が分かる借金診断(無料)
多重債務を解決するには、視野を広げることが大切です。 自分1人の感覚では、どうしても選択肢が絞られますからね。 […]
借金督促でピンチ、恥ずかしい、バレたくない
借金の督促状が届くと驚きますよね。 まずは借りている貸金業者(信販会社や消費者金融)から催促のハガキが届き、そ […]
多重債務の借金苦から逃げない
多重債務の借金苦はとても辛いですよね。 「もう生きていたくない…」と考えることもあるでしょう。 私も借金返済が […]