自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 借金解決 > 多重債務の借金苦から逃げない

多重債務の借金苦から逃げない


多重債務の借金苦から逃げない

多重債務の借金苦はとても辛いですよね。

「もう生きていたくない…」と考えることもあるでしょう。

私も借金返済が苦しかった頃は、ここから逃げ出したいと思っていました。

夜逃げすれば借金から解放されるかも? という意識が強かったんですよね。

時に「死ねばラクになるのかな?」と思ったこともあります。

あなたも同じでしょうか?

しかし借金問題は法的に解決する可能性が高く、弁護士や司法書士に相談すれば、今後の道筋が明確になりますよ。

そのためには、真正面から現実に向き合うことです。

現在、どのくらいの債務があるか分かりますか?

年間どれほど利息が掛かっているか分かりますか?

今の返済ペースで完済まで何年かかるか分かりますか?

まずは、その辺りを明確にして下さい。

借金総額、年利、完済までの期間ですね。

目を背けていても、借金は解決しません。

それどころか、ますます追い込まれることでしょう。

借金地獄から脱出する方法

借金グセが付くと、「困ったらお金を借りればいい」と思ってしまいます。

借りれる間は良くても、限度額に達すれば終わりですよね。

延々と支払いを続ける生活になりますし、リボ払いでキャッシングを利用していれば、

「返しても返しても完済しない…」

と頭を抱えるかもしれません。

その状況から脱出するには、やはり任意整理をはじめとした借金整理です。

任意整理は利息カットし、残った元本を原則36ヵ月で分割払いする方法ですね。

裁判所を通さずに貸金業者と交渉しますので、経験豊富な弁護士、司法書士に依頼するのがベストです。

他にも、元本減額の可能性がある個人再生や、借金が帳消しになる自己破産(価値ある財産は没収)がありますので、あなたに合った借金整理方法を選ぶと良いでしょう。

自分で最適な方法を判断するのは難しいので、まずは街角相談所の借金診断シミュレーターを利用してみて下さい。

無料で利用できますし、過払い金の有無も分かりますよ。

あなただけの命ではありません

人は必ず死を迎えますが、なかなか実感する機会がありません。

多重債務が原因で自殺する方もいますが、死後をリアルに想像すれば、思いとどまれたかもしれません

私の親戚も自ら命を絶ちました。

昨日まで元気だったのに、ある日急に死を迎える。

白い布を顔にかけられた遺体。

お通夜、告別式、棺が閉まる瞬間の光景。

両親が泣き崩れていました。

悲しみで立ち上がれない状況でした。

その光景を、生きている間に実感できません。

しかしイメージは出来るでしょう。

そう、あなたの命は、あなただけのものではないのです

借金の苦しみは辛いですし、「もう消えてしまいたい」と考えるのは分かります。

それでも死なないで下さいね。

私たちは資本主義に生きているので、お金の問題は切実ですが、命まで失う必要はありません。

多重債務に陥った反省は必要ですが、まずは借金整理を考えて下さい。

「連帯保証人がいるから…」

と躊躇しているかもしれませんが、その場合も弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。

街角の借金診断シミュレーターなら、匿名(ニックネーム)で無料相談できますからね。

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


多重債務の借金苦から逃げない関連ページ

借金80万は自己破産? それとも任意整理?
借金80万円で自己破産できるのでしょうか? 結論からお伝えすると、自己破産できる可能性はあります。 実際に借金 […]
「もう借金払えない」を解決する債務整理
「もう借金が払えない、これ以上は限界…」と悩んでいるあなたへ。 借金が返せない状況って辛いですよね。 次の返済 […]
借金返済の苦しみを解決する方法
私(執筆者)は長年借金に苦しんでいました。 借金で借金を返す生活だったので、全く元本が減らなかったんですよね。 […]
多重債務の解決法が分かる借金診断(無料)
多重債務を解決するには、視野を広げることが大切です。 自分1人の感覚では、どうしても選択肢が絞られますからね。 […]
借金督促でピンチ、恥ずかしい、バレたくない
借金の督促状が届くと驚きますよね。 まずは借りている貸金業者(信販会社や消費者金融)から催促のハガキが届き、そ […]
借金解決のコツは自己破産? 任意整理?
「借金解決のコツを知りたい」と思っていますか? 当ブログのメインテーマは自己破産ですが、『何がなんでも自己破産 […]