自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 自己破産の基礎 > 自己破産は免責で借金免除!

自己破産は免責で借金免除!


一般的に「自己破産すれば借金免除される」と思っている方が多いことでしょう。

しかし実際は、自己破産後に免責を受けて、初めて借金がチャラになるんですよね。

自己破産は免責で借金チャラ

免責を受けれなければ…破産者のまま借金が残りますので、免責の可否が大きな要因となります。

誰でも免責を受けられるわけではなく、以下のような免責不許可事由があります。

・ギャンブルなど浪費が理由の借金
・財産を隠すなど、債権者に不利な条件で処分した場合
・裁判所に虚偽の説明を行った場合
・過去7年以内に自己破産、借金免除されている場合

他にも不許可事由がありますが、要するに「免責を受けるにふさわしくない」と裁判所に判断される基準と言えるでしょう。

特に該当しやすいのが、ギャンブルなど浪費が理由の借金です。パチンコやパチスロ、競馬、競輪、競艇などのギャンブルのために重ねた借金、買い物依存症など浪費が理由に借金に関しては、原則的に免責不許可事由となっています。

株式投資、先物取引、FX投資が原因の借金も免責不許可事由に該当する、という見解がありますね。

免責不許可事由でもあきらめない

しかし自己破産には「債務者の人生再建」という趣旨もありますので、現実的には大多数のケースで免責が認められるようです。真摯に反省して、行動で示すことにより、裁量免責を受ける可能性が生じることでしょう。

裁量免責とは「免責不許可事由に該当する場合でも、ケースバイケースで免責許可を受けられる制度」です。その判断を行うのは裁判官になりますね。

債務者の置かれた状況、借金額、破産者の更正の見込みなどで判断されることになりますので、免責不許可事由に該当している場合でも、あきらめずに弁護士に相談してみて下さい。

もちろん免責不許可事由が無く、借金返済の見込みがない、返済不能な状態に陥っていれば、免責が下りる可能性が高いですよ。

弁護士事務所への無料相談を

任意整理に関しては、消費者金融など貸金業者との直接交渉なので認定司法書士でも良いですが、自己破産、個人再生に関しては弁護士事務所に相談することをおすすめ致します。

弁護士は地方裁判所の手続きでも代理人として依頼できますが、司法書士の場合は代理権がないため、本人が裁判所に行く形になるんですよね。その分、弁護士より費用は安い傾向にありますが、自己破産を考えているなら、弁護士事務所の方が良いと思われます。

大切なのは借金問題を放置せず、しっかりと向き合って専門家に相談することです。

弁護士費用に関しても、今は分割払い可、初期費用無料で依頼を受けている法律事務所が増えていますし、依頼前の相談は無料となっている事務所が多いです。

当サイトでも債務整理(自己破産)手続きが得意な弁護士事務所を厳選して紹介しますので、ぜひ利用してみて下さい。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


自己破産は免責で借金免除!関連ページ

自己破産と債務整理の違い
自己破産と債務整理の違いですが、債務整理は自己破産を含む用語ですね。 そのため、債務整理には自己破産以外にも […]
自己破産 財産がなければ同時廃止
自己破産を裁判所に申請後、めぼしい財産が無ければ同時廃止となります。 逆に財産があれば、管財事件として手続きが […]
自己破産のメリット
自己破産のメリットについてお話しますね。 最大のメリットは、全ての借金の支払義務が免除されることではないでしょ […]
自己破産のデメリット
自己破産のデメリットについてお話します。 『自己破産』という言葉は、イメージ的にあまり良くないですよね。 弁護 […]