自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 自己破産以外の借金整理 > 任意整理は家族に内緒で出来る?

任意整理は家族に内緒で出来る?


家族に内緒、バレずに任意整理をしたい

夫、妻、両親と家族にバレずに借金整理をしたいのであれば、任意整理が最適です。
裁判所を通さずに直接、クレジット会社、貸金業者と交渉する任意整理では、弁護士に全ての手続きを丸投げすることが出来ます。
また必要な書類も少ないことから手続きも他の債務整理の方法と比較して楽なのです。
弁護士との書類のやり取りに関しても、「家族にバレないように秘密にしたい」と明確に伝えておくことで配慮してもらうことが出来ます。
家族にバレずに借金整理をしたい。債務整理の方法の中では、最もバレにくい方法がこの「任意整理」となります。

自己破産周囲にバレる?

任意整理は家族にバレず、内緒で手続きできる

任意整理は家族や職場に内緒で進められるのでしょうか?

自己破産の場合、秘密にしたまま進めるのは難しいと言われています。

地方裁判所に申請する手続きなので必要書類が多いですし、官報にも掲載されるからですね。

官報を詳細に見ている人間は限られますが、氏名と住所が掲載されるため、その後に闇金業者からダイレクトメールが届くことがあるのです。

そうなれば家族に怪しまれるでしょうし、結果的に自己破産の事実がバレることになりかねません。

それでも多重債務で借金滞納していたり、返済不能で生活が苦しい、もう自己破産以外にない…というシチュエーションなら、自己破産以外に選択肢がないかもしれません。

グレーゾーン金利の時代から借金を続けていれば、利息の引き直し計算により借金減額、過払い金が発生していることもありますが、それ以外のケースでは自己破産や個人再生が現実的でしょう。

しかし、利息免除や支払額の見直しで借金返済を続けられて、家族や職場に秘密で進めたい場合は、任意整理がおすすめです。

可能なら家族の理解と協力を

もちろん借金の事実を家族に伝える方が再生しやすいと思います。それに奥さんや旦那さん、子供も、薄々あなたの様子がおかしいと気付いているものですよ。

その際に「家族に迷惑は掛けられない」という思いから、こっそり任意整理しても、その後にバレることがあれば…

「なんで私に教えてくれなかったんだろう」

「どうして一人で手続きを進めたの?」

と悲しませるかもしれません。

そのため、まずは家族の協力を得られないかどうか? を真剣に考えて下さい。

もし家族の理解と協力を得られるなら、借金問題を根本から解決できる可能性が高くなるでしょう。

特に、パチンコやスロット、競馬や競輪のようなギャンブルが原因の借金整理だったり、キャバクラや風俗(男性の場合)、買い物依存やホスト通い(女性の場合)の借金に関しては、周囲の協力が大切になるんですよね。

一旦、依存状態に陥ると、抜け出すまで時間がかかります。それはニコチン依存もアルコール依存も同じです。

ギャンブル依存、買い物依存、それが原因の借金依存(借金まみれの中毒状態)に陥れば、自分ひとりで解決するのは難しいんですよね。

任意整理は官報に載りません

もちろん強い覚悟があり、依存症への理解を深めて対策を練れば、脱出することは可能です。

特に任意整理や自己破産、個人再生をすれば信用情報機関にその事実が登録されますから、その後しばらくは借金が出来なくなります。

それにより強制的に借金依存が解決されることもありますが、やはり家族に支えてもらう方が解決しやすいですよ。

しかし借金漬けの状態を家族に伝えれば、離婚を切り出されてしまう、内緒で借金を重ねていたので今さら言い出せない…という債務者も多いです。

その場合はやはり、任意整理のような官報に載らない手続き、秘密にしたまま進めやすい手続きを選択するのがベストですね。

私も任意整理の体験者ですが、自分から言わない限り、誰にも気付かれませんでした。

今はオープンにした上で、無計画な借金の恐さ、計画性のないクレジットカード(リボ払い)の恐さを伝えていますが、任意整理後しばらくは誰にも言えなかったですね。

それは自己破産にも共通していますが、任意整理は利息カットしながら返済を続ける方式なので、「借金を返している自分」に誇りを持つことが出来ます。

私も2017年には借金200万の返済が終わりますし、上記のように家族に内緒で進めたい、返済を続けられる収入があれば、任意整理も検討して下さいね。

家族にバレず、秘密で任意整理したい場合の注意点

家族に内緒で債務整理
いくら家族に内緒で任意整理の手続きをしたい、と思っても完全に秘密にはできない可能性もあります。

逆にいうと、以下のようなことが無いようであれば妻、夫など家族にバレずに任意整理の手続きを終えられる可能性は高いと言えます。

弁護士に「家族に秘密」と伝え忘れた

任意整理の手続きを依頼する弁護士に、

家族に秘密で手続きを進めたい

と伝え忘れた場合、郵便物が自宅宛に届く可能性はあります。

通常の生活をしていれば届くはずがない弁護士事務所からの郵便物
ご家族の誰かが見れば、不審に思うでしょうし勘の良い方であれば、

「借金」

とイメージするかもしれません。

必ず初回の相談時などに家族には内緒にしている、ということを伝え忘れないようにすることが必要です。

任意整理の対象にした借金に家族が保証人になっている

債務整理の対象となる借金に、もし家族が保証人になっている場合。
その場合には、債務者は保証人に返済を請求できますのでそちらからバレてしまいます。

任意整理を内緒で進めたい場合には、家族が保証人になっている借金を整理対象から外して、任意整理を進めることが必要です。

もし夫や妻を保証人にとしている借金がある場合には、要注意です。

借金減額診断シミュレーター

借金整理をお考えになっている場合、入り口として借金減額診断シミュレーターの利用もおすすめです。

債務整理の専門家が運営している匿名・無料の借金減額診断のサービスとなります。

あなたの借金がどれくらい減額できそうか診断をしてくれます。
その後、具体的に相談を進めることも可能です。

どういった債務整理の方法が最適なのか、といった相談をすることが出来ます。

⇒ 借金減額診断シミュレーター

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


任意整理は家族に内緒で出来る?関連ページ

債務整理後の生活 メリットとデメリット
「債務整理後の生活ってどうなるんだろう…」 「借金整理のデメリットってなに?」 と悩んでいるあなたに、債務整理 […]
過払い金で借金がなくなるってホント?
「過払い金で借金がなくなる」、そんな話を聞いたことがありませんか? 弁護士や司法書士がテレビCMを流していたり […]
任意整理後 携帯本体は分割で買える?
任意整理後に機種変する際、分割でローンを組めるのでしょうか? 任意整理に限らず、個人再生も自己破産も、その後し […]