自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 自己破産後の生活 > 自己破産すると社会復帰できない?

自己破産すると社会復帰できない?


借金返せないとどうなるの?

「自己破産すると人生が終わる、社会復帰できないのでは?」と思っている方がいますが、決してそのようなことはありません。

しかし自己破産の申請中には一定のデメリットがありますね。

・保険募集員、警備員、税理士、司法書士のような職業に就けない
・裁判所の許可がなければ転居、長期の旅行ができない
・郵便物が管財人に配達される

などの制限はありますが、裁判所からの免責許可で制限はなくなります。

また、処分する財産が少ない(管財事件にならない)場合は、デメリットも少ないでしょう。

そのため、自己破産で社会復帰できない、ということはありません。

そもそも自己破産の趣旨に『債務者の人生再建』がありますし、借金帳消しによる再スタート、の意味合いが強いんですよね。

芸能人やスポーツ選手にも自己破産をしている方がいますし、彼らが現在も活躍している事例を、きっとあなたもご存知でしょう。

自己破産は周囲に知られる?

私たちは有名人ではありませんから、自分から自己破産の事実を言う必要はありませんし、周囲にバレる可能性も低いですよ。

昔と比べて「官報がインターネットで検索できる」というリスクはありますが、それでも会社に知られたり、友人知人にバレる確率は低いと思います。

そして知られなければ、自己破産の時点で無職でも、その後に社会復帰しやすいですよね

もちろん知られた場合も、変に卑屈になる必要はありません。

破産者ひとりひとりに理由がありますし、自分ではどうしようもない借金を背負い、泣く泣く破産するケースも多いです。

友達の連帯保証人になって自己破産したり、家族の借金を肩代わりして破産を申請する方もいます。

クレジットカードのリボ払い、消費者金融、銀行カードローンを利用し、多重債務となり自己破産するケースでも、それまでの人生と決別し、新たな人生をしっかり歩んでいれば問題ないでしょう。

自己破産しても働けますよ

私は任意整理の体験者ですが、以前働いていた職場に自己破産者がいました。

その方は自分から周囲に「破産した過去があります」と言っていましたが、他の社員やアルバイト含めて、悪い印象は抱いていなかったですね。

それは自己破産云々に関係なく、真剣に仕事をしていたからです。

堂々と働いていたからこそ、破産の事実を周りが知っても、「あぁそうなんだ」で済んだのでしょうね。

もしあなたの知り合いに破産者がいて、その事実をあなたが知っても、さほど何とも思わないのではないでしょうか?

現在しっかり社会復帰しているなら、逆に尊敬できるかもしれませんよね

あなたに対する周囲の感覚も、きっと同じですよ。

自己破産しても働けない、という制限もありませんしね。

先ほどお伝えしたように、一定の職業に就いていれば、免責を受けるまで働けませんが(詳細は弁護士に相談して下さい)、そうでなければ働き続けることが可能です。

まずは自己破産が本当に必要かどうか? の無料診断を受けてみて下さい。

以下のページで借金診断シュミレーターの詳細をお話しています。

街角相談所-法律-の借金診断シミュレーター

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


自己破産すると社会復帰できない?関連ページ

自己破産は戸籍や住民票に載る?
自己破産しても戸籍や住民票には載りません。 選挙権も無くなりませんし、学校を退学させられることもありません。 […]
自己破産 ブラックリスト
自己破産すると信用情報機関に情報が登録されます。 そのことを「ブラックリストに載る」と表現することがありますが […]
自己破産後はクレジットカード作れる?
自己破産した場合、その後クレジットカードは作れません。と言うのも、個人情報信用機関に登録されるからですね。 い […]