自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 自己破産後の生活 > 自己破産 ブラックリスト

自己破産 ブラックリスト


自己破産すると信用情報機関に情報が登録されます。

そのことを「ブラックリストに載る」と表現することがありますが、厳密にはブラックリストという特定のリストが存在するのではなく、状況に応じてJICCやCIC、KSCなどの信用情報機関に登録されるということですね。

どの信用情報機関に登録されるかは、クレジットカードのキャッシングなのか、消費者金融(サラ金)なのか、もしくは銀行で借りているかなど状況によって変わります。

ブラックリスト

しかし共通しているのは「自己破産を行うと信用情報機関(以下ブラックリスト)に掲載される」ということです。

そしてブラックリストに載れば、一定期間その情報が残りますから、今後借金が不可能になるしローンも組めません。住宅ローン、自動車ローンもそうですが、携帯本体の分割ローンも厳しいと思われます。

ただしブラックリストへの登録自体は、借金延滞を繰り返せば登録されます。『入金予定日から3ヶ月以上延滞』により登録されるようですが、延滞解消しても1年掲載されるという情報もありますね。

自己破産を考えているケースでは、どうしても借金が払えず、返済不能な状況が続いているでしょうし、すでにブラックリストに登録されている可能性もあります。

何とか複数の貸金業者、数枚のクレジットカードで借金返済を回していても、そのような多重債務生活は長続きしないですし、いずれにしても自己破産や個人再生、任意整理、特定調停のような借金整理が必要ではないでしょうか。

自己破産もブラックリストも人のせいではない

自己破産後のブラックリスト掲載期間ですが、一般的に5~10年と言われています。7年で信用情報機関から事故情報が消える方もいれば、8年経っても残っている方もいますが、いずれ消えるのは間違いないでしょう。

もし住宅をローンで買いたいと考えている場合は、その間に頭金を貯めると良いですね。頭金が少ない状態でローンを組めば、その後の返済に行き詰まることがありますし、頭金が多ければ多いほど分割払いも楽になります。

厳しい言い方になりますが、自己破産するということは、収入の範囲で生活できなかったということです

連帯保証人になって自己破産する方もいますが、中にはパチンコや競馬のようなギャンブル、買い物依存などの浪費により、借金返済に行き詰まる債務者もいます。

その場合でも借金の経緯を踏まえて、裁量免責(裁判官の判断による免責)が下りることがありますが、真摯に反省する必要があるんですよね。

他にも、収入ダウンやボーナスカット、解雇、リストラ、病気により借金返済が厳しくなることがあります。そのような方々も、自己破産を考える根本的な原因は、「収入の範囲内で生活できなかったから」ですよね。

私も借金整理を体験しているので自戒の意味を込めていますが、自己破産を行うことも、その結果ブラックリストに載ることも、人のせいではありません。

あなた自身の責任です。

少なくとも、そのような覚悟を持たなければ、自己破産しても借金漬けになることがありますよ。…と言うのも、官報を見てヤミ金業者がダイレクトメールを送ってくるケースがあるからです。

「自己破産しても借金できますよ」といった文面ですね。そしてそのような業者は違法ですから、高金利や暴力的な取り立てを行います。

貸金業界には貸金業法や出資法、利息制限法といった法律がありますが、闇金業者は法律を守らず取り立てを行っています。

もし借金をした理由が他人のせいなら、自分に甘くなりますし、結果的に甘い誘惑に乗ってしまうかもしれませんので、しっかり反省して、新たなスタートを切って下さいね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


自己破産 ブラックリスト関連ページ

自己破産すると社会復帰できない?
「自己破産すると人生が終わる、社会復帰できないのでは?」と思っている方がいますが、決してそのようなことはありま […]
自己破産は戸籍や住民票に載る?
自己破産しても戸籍や住民票には載りません。 選挙権も無くなりませんし、学校を退学させられることもありません。 […]
自己破産後はクレジットカード作れる?
自己破産した場合、その後クレジットカードは作れません。と言うのも、個人情報信用機関に登録されるからですね。 い […]