自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 自己破産Q&A > 自己破産のデメリットは少ない? 多い?

自己破産のデメリットは少ない? 多い?


自己破産デメリット少ない

「今の借金を何とかしたい…」

そう考えた時に、多くの債務者が自己破産を考えるといいます。

私も同じ状況でしたが、やはり最初に浮かんだのが自己破産でしたね。

そして絶望的な気持ちになりました。

「まさか自分が自己破産するなんて…」と思ったのです。

しかし実際のところ、自己破産のデメリットは想像より少ないでしょう。

・借入れが今後5~10年できない
・官報に住所氏名が掲載される
・免責決定まで就けない職業がある

『借入が一定期間できない』というデメリットは、自己破産以外の借金整理(個人再生と任意整理)も同じです。

もともと自己破産を考えるくらいですから、審査の甘い銀行カードローンや消費者金融でも難しかったのではないでしょうか。

それに借金滞納が続けば、事故情報が登録されますから、いずれにしても同じ状況になると思われます。

結局私は自己破産ではなく、任意整理で借金問題をクリアしましたが、借金ができない期間に依存体質が改善されましたよ

今後もクレカキャッシング、銀行カードローン、サラ金を利用する予定はありません。

クレカショッピングに関しては、デビッドカードで代用できますしね。

デビットカードは利用すれば利用した分、すぐに口座から引き落とされるので便利です。

官報への住所氏名の掲載って?

『官報への住所氏名の掲載』に関しても、自己破産だけではありません。

個人再生という整理方法を利用しても掲載されますね。

今はインターネットで官報を閲覧できますから、昔よりも自己破産を知られるリスクは高いかもしれません。

しかしあなたの周囲に、熱心に官報を見ている人間はいるでしょうか?

官報自体、破産者の情報だけ掲載する刊行物ではないですからね。

国、政府の機関紙ですから、国としての作用に関わる事柄の広報、公告が掲載されています。

その中に破産者の情報が載っているということです。

そのため、「100%周囲に知られないとは言い切れないが、その可能性は低い」と言えるのではないでしょうか。

免責決定まで就けない職業

次に『免責決定まで就けない職業がある』というデメリットですが、

・弁護士
・公認会計士
・税理士
・司法書士
・宅地建物取引士

といった士業の他、以下のような職業制限がありますね。

・警備員
・旅行業者
・生命保険募集員
・損害保険代理店
・公安委員会委員
・公正取引委員会委員
・証券会社の外交員
・商品取引所会員
・貸金業者
・質屋

しかし永遠に就けないわけではありません。

破産状態から復権を得れば(免責決定を受ければ)、制限が解除されます。

早ければ3ヶ月くらいですね。

そもそも自己破産の申請だけでは借金が免除されません。

その後に裁判所から『免責』を受けて、はじめて借金が帳消しになるのです。

その代わり、一定の価値ある財産は没収、換価され、債権者に配分される、というのが自己破産の流れになります。

要するに、「免責決定で先ほど列記した職業に就けるようになる」ということですね。

選挙権がなくなる? 戸籍に載る?

今までお伝えした3つのデメリット、

・借入れが今後5~10年できない
・官報に住所氏名が掲載される
・免責決定まで就けない職業がある

以外にも、

「選挙権がなくなるの?」

「戸籍に自己破産の情報が載るの?」

と考えている方もいますが、そのようなことはありません。

自己破産しても戸籍に載りませんし、選挙権も喪失しませんよ。

一定のデメリットはあっても、それ以上のメリット(借金免除)がありますから、まずは弁護士や司法書士に相談されてみて下さい。

まずは気軽に無料診断を受けましょう

あなたの借金額、年収(給料)、財産、仕事、年齢によっては、自己破産以外で解決する可能性もあります。

私の場合、一定の収入がありましたので、自己破産ではなく、任意整理でラクになりましたね。

任意整理は利息カットした上で、残った元本を分割払いする方法です。

返済の目安は「36ヵ月で分割払いできるかどうか?」です。

弁護士事務所、司法書士事務所によっては、60ヵ月で考えることもあります。

依頼費用に関しても、任意整理は自己破産より安いので、「気軽に利用しやすい」というメリットがあるでしょう。

そのため、自己破産は借金整理の最終手段、と考えると良いのではないでしょうか。

しかし私たちは借金整理の素人ですから、自分に合った整理方法を正確に知ることはできません。

過払い金が発生しているかもしれませんし、その辺りの判断は法律のプロである弁護士、司法書士の力を借りてみて下さい。

今は無料で診断してもらえる街角減額シミュレーターがありますからね。

「あなたに自己破産が必要かどうか?」が簡単に分かりますよ。

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


自己破産のデメリットは少ない? 多い?関連ページ

銀行カードローンで借金整理・自己破産できる?
銀行カードローンを利用して借金整理を考える方が増えていますね。 整理方法として特定調停、任意整理、個人再生、自 […]
会社に内緒で自己破産できる?
会社に内緒で自己破産できるのでしょうか? 先に結論からお伝えしますが、ケースバイケースですね。 まず会社から借 […]
自己破産 日記ブログってどう?
インターネットで検索すれば自己破産の日記ブログがヒットします。 これから自己破産を考えている方にとって、そのよ […]
自己破産すると周囲にバレる?
周囲にバレずに自己破産したいと考えているあなたへ。 自己破産は周囲の協力を得られる方が手続きを進めやすいです。 […]
自己破産は保証人に迷惑がかかる?
以前、保証人になって自己破産、という情報をお届けしましたが、今回は逆のパターンですね。 あなたが借金を払えず自 […]
自己破産と任意整理どっちが良い?
借金整理の方法として、自己破産と任意整理がありますが、どっちが良いのでしょうか? その結論を出すには、あなたの […]
パチンコ・スロットの借金は自己破産できる?
パチンコ、スロットが原因の借金は自己破産できるのでしょうか? 破産して借金免除されるには、免責を受ける必要があ […]
自己破産 弁護士費用がない場合は?
自己破産するには費用がかかります。 お金が無いから破産するのに…と思われるかもしれませんが、裁判所の申請費用に […]
連帯保証人になり自己破産?
「絶対に迷惑かけないから」と親しい人間に言われ、借金の連帯保証人になることもあるでしょう。 しかし借金した本人 […]
借金100万でも自己破産できる?
自己破産できる借金額が気になりますよね。 借金100万円でも自己破産は可能なのでしょうか? 結論からお伝えする […]