自己破産したらどうなる?
*
自己破産したらどうなる? > 自己破産Q&A > 銀行カードローンで借金整理・自己破産できる?

銀行カードローンで借金整理・自己破産できる?


銀行カードローン自己破産

銀行カードローンを利用して借金整理を考える方が増えていますね。

整理方法として特定調停、任意整理、個人再生、自己破産がありますが、

『客観的に返済不能な状態』

が続いていれば、自己破産がベストな解決策かもしれません。

あなたの職業、収入、年齢、借金総額、借金理由によっても変わりますが、自己破産も含めて、まずは弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。

今は無料相談を受けている事務所も多いですからね。

当サイトから良く利用されている以下の街角相談所-法律-なら、無料で「あなたに合った借金整理の方法」を教えてもらえますよ。

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

すでに多数の方が無料診断を受けていますので、気軽に使ってみてはどうでしょうか?

消費者金融よりもカードローンの利用者が多い?

2016年12月現在、総量規制により、「原則的に年収の3分の1までしか借入れできない」と定められています。

同じ貸金業者で50万以内、複数の業者合わせて100万以内なら、収入証明書の提出は不要ですが、それでも総量規制は大きいですよね。

しかし総量規制は、あくまでもノンバンクが対象です。

消費者金融(サラ金)やクレジットカードのキャッシングは対象になりますが、銀行系のカードローンは対象外になります。

そうは言っても、借入れには審査がありますから、簡単に借金できる時代ではありませんが、

「消費者金融よりも銀行カードローンの利用者の方が多い」

というデータが見られますね。

以前は手軽な借金と言えば消費者金融、というイメージがあったかもしれません。

その結果、多重債務者が増えて社会問題になり「法律改正に繋がった」という見方もできます。

総量規制は銀行カードローンの対象外

法律改正の中身は、先ほどお話ししたような総量規制とグレーゾーン金利の廃止ですね。

年間29.2%の利息を取っている消費者金融も多かったのですが、法律改正により、年利は15%(100万以上の借入れ)と決められました。

実際はもう少し複雑ですが、ここで大切なのは『総量規制は銀行カードローンの対象外』ということです。

利息に関しては、もともと年利15%以下が多かった銀行カードローンですが、総量規制が適用されないため、理論的にこう言えるのです。

「銀行カードローンは、年収の3分の1以上の額でも借りられる」

前述したように審査がありますから、簡単には借りれませんが、それでも『法律で規制されているかどうか?』は大きいでしょう。

その結果、消費者金融とクレカキャッシング(リボ払い)、銀行カードローンで借金300万、500万という状況もありえますね。

銀行カードローンも利息は低くない

銀行カードローンだけで借金150万、200万、250万以上というケースもありますし、職種や年収によっては、1000万以上借入れている方もいます。

「銀行カードローンは利息が低いので、消費者金融から借り換えてはどうでしょうか?」

と記載しているサイトを見かけますが、年利3%~5%が適用されるには、1000万以上の借入れではないでしょうか。

少なくとも、100万、200万で低金利は考えづらいですね。

しかし自己破産の申請は、必ずしも1000万以上の借入れに限りません。

借金200万、300万でも『客観的に返済不能な状態』と判断されれば申請できますし、中には借金100万以下で自己破産した方もいます。

銀行の借金だから安心?

私の周囲にも、銀行カードローンの返済に悩んでいる方がいるんですよね。

その人の口癖は「銀行の借金だから安心」です。

元々サラ金地獄に落ち、任意整理を体験しているのですが、今は銀行カードローンで苦しんでいます。

銀行の借金と言っても、担保や保証人ありではなく、無担保・無保証が基本のカードローンですから、必然的に利息が高くなるのです。

そして(繰り返しになりますが)、総量規制が適用されないため、原則的に年収の3分の1を超える借入れも可能なんですよね。

最初は「確実に返済できる」と思っても、途中で事情が変わるケースもあるでしょう。

会社をリストラ、解雇されて収入が無くなったり、ボーナスカットや給与ダウンで減ったり、病気で働けなくなったり…。

それは主婦の方も同様ですね。

自己破産を含めて整理を考える

先ほどの「銀行の借金だから安心」の方も主婦ですが、旦那さんに内緒で借りて返せなくなった…というケースも多いですよ。

・妻子に秘密
・両親に内緒
・婚約者に秘密

で銀行カードローンを利用する方が大半ですが、どうしても返済できない状況なら、自己破産を含めて借金整理を考えてくださいね。

「自己破産は最終手段」という位置づけも多いので、まずは任意整理、次に個人再生を検討すると良いと思います。

しかし…そのような判断を自分で行うのは難しいので、弁護士や司法書士のような法律のプロに無料診断してもらいましょう。

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


銀行カードローンで借金整理・自己破産できる?関連ページ

自己破産のデメリットは少ない? 多い?
「今の借金を何とかしたい…」 そう考えた時に、多くの債務者が自己破産を考えるといいます。 私も同じ状況でしたが […]
会社に内緒で自己破産できる?
会社に内緒で自己破産できるのでしょうか? 先に結論からお伝えしますが、ケースバイケースですね。 まず会社から借 […]
自己破産 日記ブログってどう?
インターネットで検索すれば自己破産の日記ブログがヒットします。 これから自己破産を考えている方にとって、そのよ […]
自己破産すると周囲にバレる?
周囲にバレずに自己破産したいと考えているあなたへ。 自己破産は周囲の協力を得られる方が手続きを進めやすいです。 […]
自己破産は保証人に迷惑がかかる?
以前、保証人になって自己破産、という情報をお届けしましたが、今回は逆のパターンですね。 あなたが借金を払えず自 […]
自己破産と任意整理どっちが良い?
借金整理の方法として、自己破産と任意整理がありますが、どっちが良いのでしょうか? その結論を出すには、あなたの […]
パチンコ・スロットの借金は自己破産できる?
パチンコ、スロットが原因の借金は自己破産できるのでしょうか? 破産して借金免除されるには、免責を受ける必要があ […]
自己破産 弁護士費用がない場合は?
自己破産するには費用がかかります。 お金が無いから破産するのに…と思われるかもしれませんが、裁判所の申請費用に […]
連帯保証人になり自己破産?
「絶対に迷惑かけないから」と親しい人間に言われ、借金の連帯保証人になることもあるでしょう。 しかし借金した本人 […]
借金100万でも自己破産できる?
自己破産できる借金額が気になりますよね。 借金100万円でも自己破産は可能なのでしょうか? 結論からお伝えする […]